スズハドットコム

IT関連や3Dプリンタの記事、たまに生活のメモを書いていきます。

YZF-R7のフロントウインカーをコンパクトにする

YZF-R7の純正ウインカーはスリムな横長タイプのものがついています。

画像はhttps://www.webcg.net/articles/-/45591より加工して引用

これはこれでカッコいいのですが、張り出しが大きいので立ちゴケで間違いなくカウルが割れるやつです。また、バイクカバーの付け外しの際に紐が引っかかって地味にストレスだったりします。

ということで取り替えてしまいましょう。

もくじ


イメージ

ありがちなのは貼り付けタイプのウインカーにすることですが、それでは面白くない。カウルの内側、YZF-R1のヘッドライトがある辺りに取り付けてみましょう。

画像はhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/yamaha-motor-life/2020/05/20200528-001.htmlより引用

完成形

先に完成形を載せておきます。
このようになりました。

下調べ① ウインカーリレーの確認

サービスマニュアルの配線図から、ウインカー系統がどうなっているか確認しました。

R7の場合はウインカースイッチの上流はポジションランプとかテールランプと同じ+12V電源で、ウインカースイッチを通ってメーターユニットに接続されています。
そしてメーターユニットから左右ウインカーに繋がっています。
よって、ウインカーをチカチカと点滅させる役目はメーターユニットがやってます。単体のウインカーリレーは存在しません。
(図の上段)

もしウインカー交換によって消費電力が変わりハイフラ状態になった場合に、別のウインカーリレーに交換する対策がとれないことを意味します。
抵抗を使って消費電力を調整するしかありません。
(結果的にハイフラにはならなかったので、杞憂でしたが)

参考まで、多くのバイクではウインカースイッチの上流にウインカーリレーがあり、ウインカースイッチの下流に左右ウインカーが繋がっています。
この構成ならば、ハイフラ状態になったらLED対応ウインカーリレーに交換するなどの対策がとれます。 (図の下段)

下調べ② 保安基準(車検対応)

違法改造はアカンので保安基準を調べます。
2023年モデルのバイクの場合は以下のポイントを守ればよいようです。
(正確には道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の方向指示器の部分を読んでください。)

【ランプに関する基準】

  • 100メートル先から、昼間において視認できること
  • 光源のワット数は10W以上60W以下
  • 照明部の面積は7平方センチメートル以上
  • 色は橙色

【取り付け位置に関する基準】

  • ウインカーの中心から上15度、下15度(高さ750mm未満の場合は5度)、内側20度、外側80度の平面で囲まれる領域から視認できること
  • 車両中心面に対して左右対称であること
  • 左右ウインカーの間隔は、フロントは照明部の最内縁において240mm以上
  • リアは照明部の最内縁において180mm以上
  • ヘッドライトが2個以上の場合、ウインカーの最外縁はヘッドライトの最外縁より外側であること
  • 上縁の高さは1.2m以下、下縁の高さは0.35m以上

【その他の基準】

  • 損傷や著しい汚損がないこと
  • 毎分60回以上120回以下の一定周期で点滅すること


また、「装置型式指定」というものを受けたウインカーは保安基準に適合するものとみなされます。
さらに、車両等の型式認定相互承認協定により、Eマークを取得したウインカーは装置型式指定を受けたものとみなされます。

よって、Eマークを取得したウインカーを使用すれば【ランプに関する基準】の部分は心配なく、【取り付け位置に関する基準】【その他の基準】を守ればOKです。

取り付け

アリエクスプレスでナイスな部品に出会いました。
本来はフォグランプ用のブラケットのようですが、これをベースにしてウインカーを取り付けました。

ハイパワーフォグライト用ブラケット,ヤマハ用運転ライトマウント,オートバイアクセサリー,yzf r7,yzf r 7, 2021, 2022, 2023, 2024

ウインカーは普通の形状では収まりが悪いので、ウインカーのランプ部から裏側にストレートにボルトが出ているこの商品にしました。
デイトナが扱っているドイツのハイサイダーというブランドの製品で、もちろんEマークを取得しています。

純正ウインカーと同じ形状のカプラです。

最近のヤマハ車のウインカーには025型TS防水カプラ(2極)が使われているようです。(昔ながらの110型でいいと思うんですけどね…)
車体側がオスで、ウインカー側がメスです。
・車体側のハーネスは加工したくない
・純正ウインカーの配線を切ってカプラ流用もしたくない(元に戻せるように残しておきたい)
・エレクトロタップ接続は嫌
ということでこれを買いました。
カプラの取り付けに地味に苦労したので、後で別記事を書こうと思います。

取り付けのための金物類です。
ホームセンターで買えそうなものばっかりですが、ちょうどいい色とサイズ感の物を探した結果、バイク用として売られているものになりました。
アリエクのブラケットから、ストレートのステー、L型のステー、ウインカー、という順序で付いてます。





今後の作業

  • 純正ウインカーを外したあとの穴を埋めるパーツを、3Dプリンタで作りたい。